小陰唇肥大は美容整形で改善できる

小陰唇は膣の周囲にある左右対称の性器ですが、肥大をしていると黒ずみの原因になったり、衣類やバイク、自転車などで摩擦を受けると痛みなどを感じる場合もあります。小陰唇肥大で悩んでいても、友人に悩みを相談することは少なく、一人で悩んでいる人が数多く存在します。美容外科のクリニックでは、小陰唇肥大で悩んでいる人には、小陰唇縮小の美容整形の施術が受けられます。形成外科の資格を取得している医師が担当をしてくれるため、余分な襞を切除してきれいに縫合を行います。

小陰唇縮小は日帰りで治療ができる

美容外科のクリニックでは、デリケートな女性の悩みを相談しやすく、プライバシーは厳守してくれます。美容外科のクリニックでは、専門的な知識を持った医師が在籍をしており、小陰唇縮小の美容整形を行います。事前に局部麻酔を行うため、施術中は痛みを感じることはほとんどありません。入院の必要はなく日帰りで治療が受けられるのが特徴です。余分な襞を切除した後は、溶ける糸を使って縫合をするため、抜糸のために通院をする必要はないです。施術を受けた2、3日ぐらいは、多少の腫れや痛みが出ることもあります。

小陰唇肥大のコンプレックスを解消

美容外科のクリニックでは、豊富な経験を持っている医師が在籍をしているため、とてもきれいな仕上がりの小陰唇縮小手術を心掛けています。施術を受けた後は、痛み止めや化膿止めを処方してくれるため、処方された日数分は服用することが大事です。当日からシャワーは浴びれますが、入浴は一週間を過ぎてからにしましょう。小陰唇肥大で悩んでいる人は、見た目の印象が良くないため、悩んでいますが、施術を受けることでコンプレックスを解消できます。

小陰唇肥大は、大陰唇内側のヒダ状の小陰唇が肥大する病気です。原因は先天性といわれますが、思春期や妊娠後の例が多く、ホルモンの影響も考えられています。膣口から小陰唇外側が2cm以上の場合、手術適応です。