墓じまいを行う理由と金銭の負担について

墓じまいは先祖を祀っているお墓を処分する行為を指します。先祖代々のお墓は家族が管理するのが一般的ですが、核家族化や家族の高齢化などの理由でお墓の維持が難しくなるケースがあります。そのため、お墓を処分してお骨を納骨堂などの施設へ移す墓じまいを行うことになります。

墓じまいは墓石や敷地を管理する手間がかからない利点がありますが、墓石の処分や納骨堂の利用料金など金銭の負担がかかるので注意が必要です。同じ墓じまいの作業でも業者によって費用や作業日数が異なるので、事前に複数の業者を比較して最も信頼出来る所を選ぶのが安心して任せるための心得です。

墓じまいをスムーズに進めるための工夫

墓じまいは従来のお墓の管理を終了させ、お骨だけを別の場所に移すことになります。そのため、古くからのお墓参りの作法に拘る人には受け入れにくい問題があるので注意が必要です。近親者でのお墓の管理が難しい場合は墓じまいのメリットをわかりやすく説明して納得してもらうのがトラブルの無い作業に繋がります。また、お墓の敷地を提供している寺院も維持費の徴収元の減少に繋がる墓じまいには否定的になりやすい傾向があります。そのため、親族によるお墓の管理が難しく、金銭の負担が家計を圧迫してしまうことを提示して同意を得ることを心がけます。

墓じまいの作業は親族の立ち会いの下で専門業者に任せるのが無難ですが、日時の都合によっては立ち会いが難しくなるので料金が割高でも信頼出来る優良な業者を選ぶことが大切です。

墓じまいとは、「後継者がいない」「遠方で墓参りに行けない」などの理由から、お墓を片づけて管理者に返し、遺骨を他の場所に移転する事です。少子化や核家族化により、検討する人が増えています。