サイトM&Aの方法について

個人と企業の取引というのは色々な意味でなかなか大変な部分があります。しかし、2000年代に入って登場したサイトM&A仲介サービス(サイト)を利用すると、双方とも安全にサイトM&Aの交渉や手続きを進められます。サイトM&Aサイトを通じて交渉を行い、合意に至った場合は契約に至りますが、売買が成立した場合は仲介業者に対して売り手・買い手ともに数パーセントの手数料を支払います。そして、ドメインの移管やコンテンツの移管などを経て、ようやく引き継ぎ作業が一段落します。ただし、買い手からCMS操作方法をはじめとして何らかの質問が来た場合は、売り手は誠意をもって対応しなければなりません。

サイトM&Aのメリット

サイトM&Aのメリットについてはまず買い手側からすると、ドメインを引き継ぐため事業スタートからサーチエンジンにおいて高い順位を期待できます。また、コンテンツ作りを一からしなくてよい点や有名サイトのブランド力を引き継げる事により交渉事がうまく進みやすい点もメリットです。逆に売り手側からすると、ただただ閉鎖してしまったらまったくお金が入って来ないのに対し、売却すればまとまったお金を得られます。

サイトM&Aのデメリット

デメリットは売り手側に目立った点がある事で知られます。サイトM&A仲介サービスを通じて売買を行う場合は、競合サイトを新たに立ち上げない事を誓う文書にサインする必要が基本的にあります。そのため、サイトを一度売ってしまったら、同じようなサイトを再度立ち上げたいと思っても、規約によりそれが出来ない点が大きなデメリットです。

サイト売買は単にサイトのみを売買することではありません。なぜなら、サイトだけを購入してもサイトの運営はできません。事業として継承することが必要であるため、事業譲渡と捉えた方が分かりやすいです。