性交痛の発症理由とは

性交痛とは、性交前や性交中、性交後に痛みを感じる症状のことをいいますが、その原因には様々なものがあります。まず、前戯が不十分である場合です。前戯が不十分だと十分な腟潤滑液が分泌されないため、挿入時に摩擦が生じて痛みが発生します。また、ストレスや緊張も原因の一つです。ストレスによってホルモンバランスが乱れてしまい、腟潤滑液の分泌が不十分になることがあります。そして、更年期障害も大きな要因です。更年期には女性ホルモンであるエストロゲンが減少するので、腟や周辺の皮膚のハリや弾力が失われ、皮膚や粘膜も薄くなり、潤い自体が減少していきます。他にも、処女膜強靭性といった先天的な症状や、子宮内膜症・子宮筋腫などの骨盤内の腫瘍、性器クラミジア感染症が代表的な炎症性疾患も原因として挙げられます。

性交痛のケアの方法や改善方法

性交痛の改善方法には、潤滑ゼリーを使うという方法があります。ドラッグストアなどで販売しているので、手軽に購入することができます。また、市販の医薬品や女性ホルモンの働きを助けるサプリメントを使用したり、食生活の改善や運動習慣の改善といった方法もあります。さらに、ホルモン補充療法や漢方薬、抗不安剤など、医療機関の受診や医薬品での改善方法も有効です。他にも、硬すぎる処女膜を切開切除するという方法もあります。もちろん、一人で悩まずにパートナーと相談しながら治療していくことも大切です。自分一人で解決しようとすると、さらにストレスを感じてしまい、症状の悪化にもつながります。性交痛の改善には、パートナーとの信頼関係も重要といえます。

性交痛の原因には様々なものがありますが、背景に婦人科系疾患が隠れている場合もあります。そのため痛みを感じた際は、婦人科を受診することが大切です。