CADがつくり出す図面の世界

現在の建設業界では、もはやCADはなくてはならない存在です。CADが導入されて、仕事のスピードも格段に上がり、様々な点で便利になってきました。CADはたくさんの種類がありますが、どのCADでも基本的に図面を各レイヤに分けて作成していくことができます。壁のレイヤ、寸法線のレイヤ、設備のレイヤなどと分けて作成したり、各フロアを重ねて作成できるようになりました。レイヤごとでの線の太さや種類を一気に変更することができたり、特定のレイヤだけ選定したり重ねたりすることが自由自在にできる為、図面の自由度が高くなりました。また、上下階のつながりもCADでは分かりやすい為、ズレ等の確認もしやすくなりました。

他の会社とのやり取りにもCADが便利

今ではたくさんの会社がCADのデータでやり取りをしています。他の会社が作成したCAD図面を自分のデータと合わせて重ねたり、メーカーが作成したデータを取り込んだりすることで、さらにスピードが上がり、便利で、そして正確な図面が作成できるようになってきました。建材メーカーや設備メーカーも、ホームページで自社製品のCAD素材を公開しているところが多く、それらを活用することができます。他社とやりとりする場合は、もちろん、自分の使っているCADと相手側の使っているCADが同じというケースだけではありません。相手側と異なったCADを使っているケースもありますが、データを変換した上でやり取りし、取り込むことも可能です。CADがつくり出した世界は、どんどん広がっていきます。

水道CADは、各地の工務店において水道管の修理や部品交換など様々な作業に役立つツールとして普及し始めています。